【縄跳び】前跳びのやり方・コツを説明します!無料で使える学習カード付(富山県のかけっこ・体操・運動教室)

縄跳びの様子

今回は、縄跳びの前跳びのやり方について説明します。

「前跳びが上手く跳べない…」

そのような方にとって、何か参考になれば、幸いです。

※小学校の体育の授業などで使える学習カードは、この記事の最後にあります。

動画で内容を確認したい方はコチラ

https://youtu.be/LMrm3Q1Jy_M
野原将史の子育て大学

ステップ1 縄の長さ・持ち方

縄跳びの長さを合わせる方法

縄の長さが合っていないと、上手く跳ぶことができません…。

なので、まずは、縄の長さを確認しましょう。

長さを合わせる方法

①両手に縄跳びの持ち手を持つ

②気をつけの姿勢で縄を踏む

③縄を引っ張って、持ち手の高さを確認する

持ち手が胸くらいの高さになると良い

※短めに持つ時は胸の少し下、長めに持つ時は首より下の高さにする

縄跳びのリモコン持ち

縄の長さを確認したら、次は持ち方を確認しましょう。

持ち方は、リモコン持ちをおすすめします。

リモコン持ち

①親指は持ち手の細くなっている部分につける

※リモコンのボタンを押すような形にする

②他の指は包むようにして、握りしめずに持つ

※ジャンケンのグーのように、しっかりと握らない

縄跳びの様子

縄の長さと、持ち方は、分かりましたか?

なお、低年齢の子は、ビニール製のロープではなく、綿製のロープの方が重みがあって回しやすい場合があります。

自分に合った縄跳びに調整したら、次のステップに進みます。

ステップ2 跳び方

縄跳びの跳び方

次は、ジャンプのやり方を確認します。

ジャンプは、跳び方の大きさによって、2つのやり方があります。

前跳びに初めてチャレンジする方は、ひざを曲げてかかとを床につける、大きな跳び方をしましょう。

慣れてきて、5回以上、跳ぶようになったら、ひざをあまり曲げずにつま先で跳ぶ、小さな跳び方を行います。

大きく跳ぶ
(1~2回)
小さく跳ぶ
(5回以上連続)
ひざを曲げるひざはあまり曲げない
かかとを床につけるつま先で跳ぶ
縄跳びの跳び方の表

そして、跳び方の練習をする時は、縄を持たずに行いましょう。

縄を持たずに行うことで、跳び方に集中することができます。

自分が挑戦する回数に合った跳び方を縄を持たずに、何度も繰り返し練習しましょう。

この時、ジャンプに合わせて、手をたたくと、手と足のリズムが合って縄を持った時に引っかかりにくいです。

ステップ3 回し方

縄跳びの片手の回し方

ジャンプのやり方が分かったら、次は、縄の回し方を確認します。

まずは、ジャンプをせずに、片方の手に両方の持ち手を持って縄を回す練習から始めましょう。

片手の縄の回し方

①縄跳びの両方の持ち手を、片方の手に持つ

手首を使って、縄を小さく前に回す

※縄が大きく回りすぎたり、乱れたりしないように注意する

③回す時に、脇が開いたり、ひじが大きく動いたりしないようにする

④慣れてきたら、反対の手で回したり、回しながらジャンプしたりする

縄跳びの様子

新しい動きを、いくつも同時に行うのは、大変です。

なので、縄跳びに限らず、スポーツの練習をする時は、動きを分けて行うと、最初はやりやすいです。

まずは、片手で縄を回す練習から、慣れていきましょう。

ステップ4 チャレンジ

縄跳びの前跳び

ジャンプのやり方と、縄の回し方が分かったら、いよいよ前跳びにチャレンジです。

いきなり連続で跳ぶのではなく、大きな跳び方で1回、2回と少しずつできる回数を増やしていきましょう。

前跳びのやり方

①縄を後ろから前に回す

②縄が顔の前にきたら跳んで縄を跳びこす

③慣れてきたら、2回、3回と続けて跳ぶ

縄跳びの様子

前跳びを連続で跳ぶ時は、小さな跳び方で行います。

そして、連続で跳ぶ時は、足がバラバラにならずに両足をそろえたり、動き回らずに同じ場所で行ったりしましょう。

上手く跳べるようになったら、連続で跳べた回数や、10秒や1分などの制限時間で跳べた回数を数えると良いです。

なお、10秒で25回~30回以上、跳べるようになると、二重跳びなどの技も行いやすくなります。

たくさん跳べるように、何度も練習しましょう。

まとめ・学習カード

今回は、縄跳びの最も基本的な技の前跳びのやり方を説明しました。

何か参考になれば、幸いです。

体育のマメ知識

縄跳びで着地する時、足にかかる衝撃によって、オステオカルシンというたんぱく質が分泌されます。

このオステオカルシンによって、記憶力や脳機能がアップして、勉強の成績アップに効果があると、科学の世界で証明されています。

今回の記事の内容は、学習カードで学ぶことができます。

お家での練習や、小学校の体育の授業の教材などに、利用ください。

学習カードの利用について

・学習カードは無料でお使いいただけますが、著作権は放棄しておりません。学習カードのイラストや内容の著作権は、悟空Jr.アスリートスクールが所有します。

・営利目的での使用を禁止します。

・練習中のケガ・事故などは、責任を負いません。周囲の環境や体調・体力に合わせて、安全に練習を行ってください。